会津柳津の「赤い橋」と「赤べこ」

s-01159

柳津町には「赤」を使ったものが多くあるのですが、
その一つが当館のすぐ横にある橋「柳津橋」になります。

只見川に架けられた赤い橋は美しく、全国各地から写真家が訪れるほどで、
いつも私たちを見守ってくれています。


そして、もう一つは福島や会津のマスコットとして有名な「赤べこ」なんですが、
実は、ここ柳津町が「赤べこ」発祥の地なのをご存知ですか?

昔、大地震があり、柳津町の虚空蔵堂が甚大な被害に見舞われてしまいました。
お寺の再建は困難で、人々が諦めかけていたその時、
突如として一頭の「赤い牛」が現れ、見事完成まで導いたそうなんです。


このお話は「赤い牛の伝説」として伝えられ、
これにあやかり生まれたのが、張子人形の「赤べこ」なんです。

福島では昔から、「魔除け」や「厄除け」として、
多くの人に愛され続けています。

Share on facebook
Facebook

こちらの記事もよく読まれています

Translate »

お問い合わせフォーム

ご宿泊・ご宴会の予約などお気軽にお問い合わせください。